ホナウナウ 国立歴史公園 その1

ハワイ州の中でも一番大きいハワイ島にはもちろん州立公園もありますが、実は国立公園が4つもあるんです。

一番有名なのは世界遺産にもなったハワイキラウエア火山国立公園ですが、ハワイの歴史的にはここプウホヌア・オ・ホナウナウ もという勝るとも劣らない神聖な土地になります。

 

およそ200年ほど前、強制改宗によってヘイアウ(神殿)破壊令が出された時にはほぼ全てのヘイアウが壊されてしまいましたが、このハレオケアベだけはあまりの神聖さに誰も手を出せなかったと言われています。

ここは王族の土地とプウコホラという神聖な土地が隣接しているので、場所の意味や価値がわかると2倍楽しく回れる国立公園です。

ここは王族の玄関というような位置付けで、昔のハワイの人たちはカヌーで移動することが多くこの土地に上陸する時はここに到着したということです。

海の中には黄色い魚(キイロハギ)が良く見られます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です